代々、受け継いできた財産は、その家族の歴史…。これからも、子・孫・曾孫へと受け継がれていくべき、家族の礎です。その礎を、未来へ、確かにつなげるために、財産の状況を正確に把握することから始めましょう。財産目録を作成、キャッシュフローを月次でしっかりと管理。日常の煩雑さや不安から解放され、未来への橋渡しに向けて、時間と心のゆとりを整えていきます。
親から子へ、それとなく伝えられてきた、お金には替えられない数々の教え。創業者として、社長として、また親としての、あるべき心構えこそが成功の秘訣かもしれません。門外不出の教えを守り、また未来へつないでいくために、確実なバックアップ体制を構築。家族の礎をさらに盤石なものへと成長させていきます。
受け継がれてきた富は、財産目録を見れば一目瞭然。今や中小企業またはそれ以上の規模となっていることでしょう。高度経済成長時代から一変、バブル崩壊後は長く低迷が続き、政治も経済も一昔前とは完全にルールが変わってしまいました。世代や国境を越えて、知恵も思想も富も財産も、確実に守る術を考えていきます。
中小企業の規模になった家計のバランスシートを管理するために、多くの時間とエネルギーを割かれているのではないでしょうか。煩わしい書類の整理から記帳、管理を行う個人用経理部、様々な資産管理を行う財務部、また未来への地図を描き、世代や国境を越えてつなぐ方法を創出していく企画部のような存在があったら、と思うことはございませんか?
わたしたちは、あたかも会社スタッフのように、時には経理・財務を、時には総務管理を、時には企画や事業の役割を担い、意思決定をサポートします。ご家族が問題に直面したとき、最初に相談されるような存在を目指し、共にご家族の礎を確実に未来へつないでいきたいと考えています。
代表社員 船山 雅史
会社の寿命は30年と言われる一方、家族の寿命は未来永劫続きます。富裕層の財産承継が難しい日本という国で、家族の物語を継承するために、プライベートバンキングに黎明期から携わってきた経験、ノウハウ、人脈を結集して、多角的、長期的な視点で取り組みます。趣味は、古典芸能鑑賞、現代アート蒐集です。
ファミリーオフィサー 乾 潤一
海外旅行が趣味で家族と毎年何処かに出かけ、帰ってくると日本が一番落ち着くと思ってしまいます。しかし、これからの日本を考えると、特に富裕者層には必ずしも住みやすいとはいえない状況です。ご家族がどこにいらっしゃっても「幸せ」を感じられるために、心を尽くしてお手伝いをいたします。
ファミリーオフィサー 阿部 幸宣
どれだけ優れた業績や財産、経験や精神も、継承するファミリーがいなければ、自己満足に終始し、虚しさが残るだけかもしれません。継承無きカオスとならぬよう、考え合う機会を設けていきましょう。私どもは承継という問題について、ファミリーオフイスという視点から、新しい機軸を提案したいと思っています。
ファミリーオフィサー 小川 泰史
「次世代へ、豊かな企業社会を。」この10年掲げて来たテーマです。会社は株主だけのモノではありません。企業と社会の関わりは、もっと今の日本に相応しい姿があるはず。「日本の未来に責任を」、そんな気概で事業についても丁寧にサポートしていきます。趣味はテニス、マラソン、アートです。

〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目23-1
アークヒルズフロントタワーRoP701
TEL. 03-6435-5385 FAX. 03-6435-5386